稼ぐ事は大事だけれど

お金を稼ぎたいという気持ちはみんなありますよね。
本業の給料に満足していない、あと数万円給料が増えれば生活が楽になるんだけど・・・・そんなふうに思います。
しかし本業で給料をアップさせるのはよほど頑張らなくてはいけません。
しかも昇給すれば給料は上がるかもしれませんが、責任が増える分精神的にもしんどい仕事が増えてしまうでしょう。
それなら本業ではそこそこ頑張るぐらいにして、副業で収入アップを目指してみてはどうでしょうか?

特に無理をしなくても月数万円程度であれば在宅ワークの副業で稼ぐ事が可能です。
例えばあなたが個人の趣味を紹介するブログを開設しているとしましょう。
ブログの記事を書いてそれをアップする。その作業さえ出来れば十分に副業は可能です、
もちろん内容が自由ではなく、指定されたキーワードや文字数内で書く必要がありますが1記事あたり15分前後で作成する事が可能です。
すき間時間を上手に活用してコツコツを稼ぐ事が出来るでしょう。

そして作業系の在宅ワークは依頼の量を増やせばその分稼ぐ事が可能です。
そのため平日は3時間、休日は8時間バリバリ副業したら月10万円ぐらい稼げそう。
と夢を見てしまうかもしれません。確かに物理的に考えると稼ぐ事は可能でしょう。
しかし時間に余裕を作っておく事は必要です。
そうしなければ今週は残業が入ってしまったり、体調を崩して週末に寝込んでしまったら?
もうそれだけで作業をこなせるギリギリの量の依頼を受けてしまっていたら何か1つ予定が崩れると納期に間に合わなくなってしまいます。
予備時間と、そして自分の息抜きの時間は確保した上で依頼を受けましょう。

副業は本業に合わせてペース配分を決める

仕事は常に一定量あるわけではありませんよね。業種によって忙しい時期は異なります。
例えば接客業ならGWウィークや夏休みなど長期休暇がある時期には忙しくなるでしょう。
出版業界なら年末年始は出版社が休みに入るので前倒しで作業しなければいけない12月は忙しくなるでしょう。
引っ越し業者なら3月4月の引っ越しシーズンが忙しくなりますし、3月に決算がある会社はその前に決算準備で忙しくなります。

また年間ではなく1ヶ月で考えて見ても忙しい時期と忙しくない時期が業種によってそれぞれあるはずです。
そして新入社員ならまだそのスケジュールが把握出来ていないかもしれませんが社会人数年目ともなるといつが忙しくていつが暇な時期なのか把握していると思います。

副業をする場合は本業の忙しさに合わせてペース配分を決めるといいでしょう。
忙しい時期には残業が増えるので副業では無理をしないと決めて依頼を受ける数を減らしておきます。
逆に本業が暇な時期には定時で帰れる事が多いので副業は依頼を受ける数を増やしておく。
そうすると身体や精神的に負担がかからないだけではありません。経済的にも安定します。

どうゆう事かというと暇な時期には残業がないのは嬉しいわけですが残業代が出ないので給料の金額は減ってしまいます。
だから副業を多めに入れておけばその減った金額を副業で補えるわけです。
そして本業が忙しい時期には残業代が多くつくので副業の収入が少なくても本業の収入だけでなんとかなるわけです。
もっとも残業代が出なくてサービス残業だという会社だと忙しい時期はモチベーションが下がってしまいますね。

メールレディの自宅で出来る仕事で効率的に稼ぐ

副収入を得るためにメールレディの自宅で出来る仕事を始めた人もいるでしょう。
メールレディの自宅で出来る仕事の最大のメリットは、何といっても高収入が期待できることです。
確かに、一般的なアルバイトやパートに比べるとはるかに多くの収入が得られるはずです。
そして、やり方によってはさらに多く稼げる可能性を秘めている自宅で出来る仕事でもあるのです。
ここでは、より効率的に稼ぐためのコツを紹介しましょう。
たとえば、月に数万円程度なら手に入れるのはそう難しくはないはずです。
メールのやり取りがコンスタントにできるいわゆる「お得意様」を数人作ればいいのですから。
状況にもよりますが、毎日10回程度やり取りをする人が二人くらいいるだけでその目標を達成することは可能です。
サイト内の掲示板を活用する、自己紹介メッセージの見直しや更新を頻繁にするといったことを行うだけでメッセージが増える可能性もあるのです。

自宅で出来る仕事でもっと稼ぐには?

数十万円の月収を得ることも、もちろん不可能ではありません。
ただし、メールレディの自宅で出来る仕事に掛ける時間を増やさなければちょっと難しいかもしれませんね。
前述の数人の「お得意様」の確保に加えて、新規のメッセージに早めの対応を心掛けるなど、それなりの時間が必要だからです。
サイトを掛け持ちするというのも、一つの方法です。
一つのサイトでは男性会員の数も限られますから、新規開拓のために別のサイトを利用するわけです。
10万円を稼げるサイトが二つあれば併せて20万円、それが3つ、4つとあればその分収入が望めることとなります。
高収入を目指すのであれば、やはりそれなりの努力は必要ですよね。
とはいえ、多くの報酬を得ようとあまり焦ってしまっては、特に初心者の場合にはやり方やコツなどが把握できておらず逆効果になりがちです。
コツコツと積み上げていくつもりで自宅で出来る仕事に臨みましょう。
実際にメールレディとして働いている人の体験談などを参考にするのもいいでしょう。
ネットをチェックすればたくさん見つかるはずですから、それらを読んで自分なりにコツをつかむのもメールレディとして上手く働くポイントでもあるのです。

内職よりも在宅ワーク

内職というと割り箸を割り箸袋の中にひたすらに詰めたり、封筒を折ったり、そんな作業をイメージする人が多いでしょう。
そして1つ1円未満で、〇銭という世界です。ひたすらに作業をしても時間給に換算すれば300円以下。
そんな内職も珍しくありません。
どう考えても最低時給より低い単価設定ですが、内職は最低時給の法律には該当しないので仕方がない状況でした。

ですが最近は変わりつつあります。
内職ではなく、在宅ワークと呼ばれパソコンを使った作業が主流となっています。
確かに在宅ワークでも単価が低い作業も少なくありません。
それでも時間給に換算すれば500円以上にはなりますし、何よりも知識や技術を身に付ければ最低時給よりも稼げるという点です。
つまり以前に比べると在宅ワークも条件がよくなってきたと言えるのではないでしょうか?

それにパソコンを使った在宅ワークの場合は、やり取りが非常に楽になりました。
従来は作業をする荷物を自宅まで届けてもらう必要がありました。
そのため〇〇に住んでいる人や小さい子供やペットを飼っていない人、また1階に住んでいる人など条件が合ったのです。

対してパソコンを使った在宅ワークの場合はメールでやり取りをし、作業をしたファイルもメールに添付して送る事が出来ます。
そのため最初に簡単なテストがありますが、そのテストに合格すれば、誰でも在宅ワークの仕事を受ける事が可能になりました。
それに作業量も自分で決める事が出来るので、1日1~2時間の作業しか出来ないという人でも、稼げる金額は少なくなりますが、無理をせずに自分のペースで作業が出来るというメリットがあります。

Copyright© 2010 自宅でできる仕事で儲けるコツについて All Rights Reserved.